読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とということで

toto当選を目指すブログ

【J1年間順位予想】toto予想に先駆けて年間予想しました

順位予想

toto的には順位はあまり関係ないというのが本音ですが戦力を整理するという意味で優勝、上位、中位、下位、降格争いのチームに分けてみたいと思います。

※あくまで開幕前の個人的な感想です。

 

優勝:鹿島アントラーズ

柴崎岳が抜けた穴を埋め尽くす攻撃陣の特大補強

・しかも柴崎岳が帰ってくる可能性もあり

・昨年のセカンドシーズンは忘れてもいいくらいぶっちぎると思います

・ただし、失点が増えてくるとちょっと厳しいと思います

 

上位(2位から4位):浦和レッズ川崎フロンターレガンバ大阪

浦和レッズは選手を充実させ続けています。今年も安定して勝ち点を重ねると思います

川崎フロンターレは監督交代と大久保が抜けた穴というネガティブ要素がありますが、中村憲剛小林悠に加えてスタイルの違う家長という攻撃陣のポジティブ要素の方が大きいと見ます

ガンバ大阪はとりあえず今年もこのポジションでしょう。期待を裏切って優勝するのも面白いですね。スタジアムに何度か足を運びたいと思います

 

中位(5位から10位):大宮アルディージャ柏レイソル、FC東京、セレッソ大阪ヴィッセル神戸サンフレッチェ広島

大宮アルディージャは主力が抜けましたが下位に甘んじるチームではありません

柏レイソルは何かやってくれそうな気配はありますが、上位での優勝争いはしんどいと思います。今年も上位陣との点取合戦が見られると思います。個人的には大好きなチームです

・FC東京は華々しい補強を行いましたがチームとしてはフィットするかどうか疑問が残ります

セレッソ大阪は出戻り組が活躍すれば上位に落ち着くと思いますが、そう簡単にはいかないかと。上位陣との対戦カードでスタジアムに足を運んでブックメーカーのオーバーゴールに賭けたいと思っています

ヴィッセル神戸ペドロ・ジュニオールの穴が簡単には埋まらないと思いますが、下位争いをするチームではないでしょう

サンフレッチェ広島は今年はこの辺りで待機ですね。広島戦は予想が難しそうな一年になりそうです。予想に反して上位争いをしてもらえると楽です

 

下位(11位から14位):横浜Fマリノス清水エスパルスジュビロ磐田サガン鳥栖

・今年の横浜Fマリノスは正直あまり期待できないです。降格争いはしないけど余裕もないくらいの勝ち点になると踏んでいます

・昇格組の清水エスパルスですが、降格争いには参加しないくらいの位置に付けると思います。大前元紀が抜けたのは痛いですが鄭大世は舞台が大きいほど活躍しそうです

ジュビロ磐田は今年も上位食いはするものの中位・下位との対戦で勝ちきれないというような印象が拭いきれません。toto的には外す試合が多そうで要注意だと思います

サガン鳥栖は苦しい一年になりそうです

 

降格争い(15位から18位):コンサドーレ札幌ベガルタ仙台ヴァンフォーレ甲府アルビレックス新潟

コンサドーレ札幌はなかなか良い補強をしたと思いますが、J1での戦い方を覚えているかどうかが問題でしょう。小野伸二選手と稲本選手の活躍を期待しています

ベガルタ仙台は厳しいと思います。平山相太は良いと思います。引き分けが増えそうです

ヴァンフォーレ甲府はなんだかんだ残りそうです。今年も鹿島戦ではマークします

アルビレックス新潟も仙台同様厳しいと思います。ただし、ブラジルトリオが活躍すれば中位の可能性もあると思います