読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とということで

toto当選を目指すブログ

【toto911回】【予想】今節はホーム優勢?甲府鹿島は伝統の波乱あるか

toto 予想

toto911回予想

f:id:lab555:20170303115523p:plain

今週末に向けての情報整理

ACL第2節

・2/28(火) ソウル2-5浦和(A)、ムアントン2-1鹿島(A)

・3/1(水) G大阪(H)1-4済州、イースタン1-1川崎(A)

ACL好調の浦和、鹿島は手痛い敗戦。

・ガンバは3-5-2のシステム変更に失敗、川崎は主力温存。

ACL関連ではガンバの影響が大きそうです。

 

怪我人など 

セレッソ水沼は全治4週間、清武は浦和戦に出場か?

・浦和柏木はACL欠場。

・神戸レアンドロは全治6ヶ月。

・新潟ロメロフランク、矢野貴章は出場停止。

・ピーターウタカがF東京に加入。

ポドルスキが6月に神戸に加入か?

 

J1第2節

3/4(土)

1.浦和  C大阪

・先週のことを思うと安易に浦和マークは控えたい。

セレッソは清武が試される一戦だがコンディションはどうか?

・スーパーマン清武に期待も込めてセレッソ狙い(ダブルマークの数次第では両天秤で浦和も抑えます)。

 

2.甲府 鹿島

・波乱が多いこの一戦。

ACL惜敗の鹿島は切り替えて臨めるか。

・両天秤で抑える。

 

3.広島 清水

・工藤が仕事をした広島は開幕ホーム二連戦。

・清水はCKからの失点が悔やまれるものの守備は安定している。

・ロースコアゲームになればスコアレスドローもあり得る。

・ドロー狙い。

 

4.F東京 大宮

・F東京の新戦力はチームにフィット。

・大宮はやや迫力に欠ける印象。

・過去の対戦では大宮のアウェイ勝利が多い。

・F東京狙い。

 

5.磐田 仙台

・前節はアウェイでセレッソスコアレスドローの磐田。

・仙台は札幌にホームで開幕勝利。

・ともにJ2昇格組との対戦となった前節。

・ホームお披露目となる中村俊輔の強み。

・ホーム磐田狙い。

 

6.神戸 新潟

・新潟は出場停止選手が痛い。

・神戸はレアンドロの怪我が痛い。

・神戸新潟戦の神戸ホームなら神戸か。

・人気を集める神戸は買いにくいのも確か。

・ドロー狙い。

 

7.横浜M 札幌(ナイター)

・前節結果を出したバブンスキーとウーゴヴィエイラ

・そして、齋藤学は健在。

・札幌には厳しいか。

・横浜M狙い。

 

3/5(日)

8.柏 G大阪

・柏の攻撃力は確か。

ACLで新システムが散々だったガンバ。

・スタートは低く、終盤は高くの伝統を守るのか?

・柏優勢もガンバが意地を見せるか。

・柏寄りのダブルで意地のドローも抑えたい。

 

9.川崎 鳥栖

ACL第1節ドロー、リーグ戦勝利、ACL第2節ドローの川崎。

ACLイースタン戦ではスタメンを落とした川崎。

・家長の使い所がつかめていないが、鳥栖とのホーム相性からも川崎優勢は揺るがないか。

・川崎狙い。

 

J2第2節

3/5(日)

10.山口 福岡

・山口は岐阜と2-2のドロー。

・福岡は前節後半ATに失点で大分に敗戦。

・昨年の中盤以降勢いを欠いている山口。

・J1昇格に向けて開幕連敗は避けたい福岡。

・福岡狙い。

 

11.愛媛 松本

・松本は前評判通りとはいかず横浜Cに押し込まれる形で敗戦。

・愛媛は金沢を圧倒しての勝利も1得点にとどまったことは考慮すべき。

・ドロー狙い。

 

12.名古屋 岐阜

・今年の名古屋は何も考えずにマークしても良い。

・順当に名古屋。

 

13.京都 徳島

・京都は序盤ペースを掴めずに失点を重ねるも後半の選手交代からはいいムードに。

・徳島は納得の行く形で勝利。

・京都の連係の乱れをつかれる可能性は十分にあり。

・アウェイ徳島狙い。

 

toto的考察

・今節はホーム人気に偏りがあり、1.浦和、3.広島、4.F東京、6.神戸、7.横浜M、9.川崎、12.名古屋と7試合で60%を超える支持率を集めています。

・アウェイの人気枠としては、2.鹿島が60%超え、10.福岡、11.松本が50%近い支持率を集めています。

・前節は波乱が多く、というか開幕戦なので波乱と言い切るのは違和感がありますが、前評判と違っていた試合、新戦力が読めない試合が多かったせいか、1等当選者がなくキャリーオーバーが発生しています。

・今節は、前節の情報で前評判を上書きしての予想となりますが、読み違いが続きそうな気配があります。

ACLの影響が大きそうな浦和、苦手甲府との対戦となる鹿島、得点力の底上げとはならかったF東京、新外国人の底を見せていない新潟、このあたりで波乱が起きそうな気配はあります。